看護部のご案内

病院見学会のご案内
病院見学会のご案内

トップページ > 看護部のご案内 > 先輩ナースインタビュー > キャリアアップナース-船橋 邦江さん

先輩ナースインタビュー

船橋 邦江さん

船橋 邦江さん 緩和ケアナース
看護師になろうと思ったきっかけを教えてください。

小児喘息で入退院をくりかえしており、身近に看護師の姿を見てきました。そのため、小さい頃から看護師になるのが夢でした。

緩和ケアナースについて教えてください。どういうお仕事ですか?

緩和ケアとは病気の診断時から始まるケアで、患者様・ご家族が抱える様々な苦痛に対して関わらせていただきます。
緩和ケア認定看護師はがん治療のサポート、痛みや嘔気、嘔吐、便秘、呼吸困難等の身体的苦痛や、不安や悲嘆などの精神的苦痛、また社会的苦痛やスピリチュアルな問題への対応、そしてご家族のケアを行います。

緩和ケアナースを目指したきっかけを教えて下さい。
船橋 邦江さん

以前働いていた病院は終末期の専門ではありませんでしたが、他病院で出来る治療が無くなり、最期を地元で過ごすために転院してくるがんの患者様がいました。
我慢しきれないほどの強い痛みや精神的な苦痛を抱える患者様、最期のときを一緒に過ごすご家族と関わる中で、患者様やご家族のつらさを少しでも楽にすることができないかと日々考えていました。そんな中、看護師の友人から緩和ケア認定看護師という資格を提案され、徐々に緩和ケア認定看護師を目指すという決意が固まってきました。

緩和ケアナースとしての活動を教えてください。

週に1回緩和ケア認定看護師としての院内での活動日をいただいています。
医師、薬剤師等とラウンドをし、またコンサルテーションのあった患者様のところに伺ってお話を聞き、カンファレンスで苦痛のアセスメント、評価、ケアの方向性等を検討しています。

緩和ケアナースになってから変わったことはありますか?

看護師という仕事をあらためて大好きだと実感できたことです。
緩和ケアというのは一番基本的な看護だと思います。
患者様とじっくり話すことや、日々のケアを心をこめて丁寧に行うこと、出来る治療が無くなっても最期まで看護の力で何か出来ることはないかと考え続けること、看護師は患者様の最期の瞬間まで寄り添うことが出来る仕事だと思います。

認定看護師の仕事として、他に特色のある活動は何かありますか?
船橋 邦江さん

現在は実施していませんが、今後デスカンファレンスを実施していきたいと考えています。
患者様やご家族へのケアで、スタッフ間での情報共有がきちんと出来ていたのか、看護師一人一人がどのような関わりをしていたのか、またケアの中で感じたことや考えたことを話し合い皆でふりかえり、考察することで今後のケアの向上につなげていけるのではと考えています。

緩和ケアナースとしてのやりがいや辛さを教えてください。

がんの患者様は痛みなどの身体的苦痛に加え、精神面、社会面等の様々な苦痛を抱えています。また入院という非日常の生活が続き、その人らしさを失われている方が沢山いらっしゃいます。
私が初めてお話を伺いに行くと、表情も固く口数も少ない方が、徐々にご自分のお話をしてくださり、お話が終わる頃には笑顔を見せてくださいます。
そのような関わりの中で、「看護師さんと話すと気持ちが楽になります。また話を聞きに来て下さい。」と仰って下さったときに緩和ケア認定看護師としてのやりがいを感じます。

今後、認定看護師としての目標は何ですか?

現在の目標は、緩和ケアチームの活動を軌道にのせることです。まだまだ院内での認知度も低い、コンサルテーションも少ない現状です。
困った時にどんなに些細なことでも相談をしたいと思っていただけるようなチームにしていきたいと思います。

船橋 邦江さん

ページトップへ

先輩ナースインタビュー 一覧

新人ナース インタビュー
酒井 陽希さん 一村 香菜子さん
先輩ナース インタビュー
船橋 邦江さん 小泉 哲治さん 新藤 あすみさん
菅原 隆広さん 安藤 綾香さん 礒部 海友さん
徳吉 奈穂美さん
キャリアアップナース インタビュー
徳吉 奈穂美さん 船橋 邦江さん 平本 亜希子さん
佐藤 由美子さん 丸岡 亜希子さん 小泉 哲治さん
新藤 あすみさん

ページトップへ