東京西徳洲会病院 看護部 求人・採用情報

看護部のご案内

病院見学会のご案内
病院見学会のご案内

トップページ > 看護部のご案内 > 先輩ナースインタビュー > キャリアアップナース-矢野 晶子さん

先輩ナースインタビュー

矢野 晶子さん

矢野 晶子さん 透析センター 認定看護師
看護師になろうと思ったきっかけを教えてください。

母親が看護師だったので、小さい頃から看護の話を聞いたり母親の働く姿を見たりしているうちに、看護師になりたいと思うようになりました。

配属先と仕事内容を教えてください。

透析センターに配属されています。腎不全になると、血液透析、腹膜透析、腎移植の腎代替療法を選択することになります。そのときに、患者様のライフサイクルや考え方に合わせて、その患者様にとってよりよい治療法を選択するお手伝いをしています。
また、セルフケアが重要になるため、ご家族を含めてお話をしたり、ご高齢の患者様の場合は在宅介護の状況を伺いながら、他職種と連携してご家族への患者様のケアについてのアドバイスを行います。
学校では、透析に入る前の保存期や腹膜透析、腎移植についてや、患者様が自身の生活に透析を取り込める療法選択ができるようにアドバイスできる知識を学びました。その内容を一緒に働くスタッフと共有し、指導も行っています。

矢野 晶子さん
認定看護師を目指したきっかけを教えてください。

長い間透析医療に携わってきて、一方向から患者様を見るのではなく、多面的に患者様と接してより正しくアセスメントしたいと思ったからです。

認定看護師としての活動を教えてください。

資格を取得する前と変わりなく、ベットサイド看護を行っています。

小川 由英センター長と矢野 晶子さん

左:腎臓病総合医療センター長 小川 由英

資格を取得してから、変化したことはありますか?

自分自身の視野が変わりました。患者様が何を考えてそのような行動をとるのかなど、さらによく考えるようになりました。
また、自分が経験していない腹膜透析、腎移植、保存期の知識を得ることができたため、患者様との話題も増えました。

矢野 晶子さん
認定看護師の仕事として、特色のある活動は何かありますか?

学校ではフットケアについての講義がありました。透析の看護には必要な知識ですので、認定看護師を取得する以前から勉強をしていました。

認定看護師として、辛いことややりがいを教えてください。

今はチームのマネジメントと自分自身の看護実践業務が主な役割ですが、まだまだ認定看護師の認識が薄いと感じます。自分自身がしっかり頑張ることが、認定看護師の存在に目を向けてもらうことに繋がると思うので、みんなの目標にしてもらえるような認定看護師になっていきたいです。ささいな相談でも良いので部署問わずどんどん声をかけて頂いて、応えて行けるように心掛けています。
また、患者様に「あなたがいてくれてよかった」と言われると本当に嬉しく、やりがいを感じます。この気持ちをみんなで分かち合いたいと思っています。

矢野 晶子さん
今後、認定看護師としての目標は何ですか?

血液透析に関わっている期間が長いので、さらに血液透析の患者様の精神・身体に対する理解を深めながら、患者様と共にお互いに成長できるような関係を築いていきたいです。

ページトップへ

先輩ナースインタビュー 一覧

新人ナース インタビュー
酒井 陽希さん 一村 香菜子さん
先輩ナース インタビュー
船橋 邦江さん 小泉 哲治さん 新藤 あすみさん
前田 智子さん 菅原 隆広さん 安藤 綾香さん
礒部 海友さん 片渕 盛将さん 徳吉 奈穂美さん
キャリアアップナース インタビュー
矢野 晶子さん 徳吉 奈穂美さん 船橋 邦江さん
平本 亜希子さん 佐藤 由美子さん 丸岡 亜希子さん
小泉 哲治さん 新藤 あすみさん

ページトップへ

看護部のご案内

教育・研修

募集要項

お問い合わせ

  • お問い合わせフォーム