東京西徳洲会病院 看護部 求人・採用情報

看護部のご案内

病院見学会のご案内
病院見学会のご案内

トップページ > 看護部のご案内 > 病棟紹介

病棟紹介

1階フロア

外来、救急外来(ER)

ページトップへ

2階フロア

HCU病棟 8床
主な診療科 心臓血管外科、循環器科、外科、形成外科、外傷整形外科
主な治療 冠動脈バイパス術11件
弁置換・形成術5件・大動脈瘤切除術3件 他56件
心筋梗塞95件・心不全78件・腎不全16件 その他60件
胃・腸切除術・人工肛門造設術・膵頭切除術
皮弁形成術、四肢切断術など
平均在院日数 7.0日
平均患者数 4.5人/日
看護の特徴 集中治療における患者のモニター、機器の管理、挿管患者の早期リハビリ、人工呼吸器患者における看護
手術室
主な診療科 外科、脳外科、関節外科、形成外科、乳腺外科、口腔外科心臓血管外科、泌尿器科、外傷整形外科
主な手術 総手術件数 3,202件
冠動脈バイパス術 弁置換・形成術・大動脈瘤切除術
胃・腸切除術・人工肛門造設術・膵頭切除術
皮弁形成術、四肢切断術など
主な麻酔 全身麻酔 1,815件
局所麻酔 932件
腰椎麻酔 111件
硬膜外麻酔 21件
伝達麻酔 123件
緊急手術 511件
看護の特徴 術前から術中における患者の安楽と安全を確保するための看護
術前訪問により患者が安心して手術を受けられるように努めている

ページトップへ

3階フロア

3階北病棟 60床(循環器内科・心臓外科)

スタッフ集合写真

3階北病棟のご紹介

3階北病棟の様子
平成28年4月1日に34床で新たに開棟した病棟です。主に循環器内科、心臓血管外科の急性期患者様が中心となっています。
6月1日には使用許可病床60床に増床となります。
心臓カテーテル業務は臨床工学士、放射線技師、ER看護師と連携を取りながら、緊急カテーテルに対応しています。

3階北病棟師長 山岸 範子

病棟の特徴

仕事中の様子
看護師長、主任、看護師 計24名、看護補助2名、クラーク1名で子育て中のスタッフも7名いて、若いスタッフを中心に日々入退院患者様を多く対応しています。
”笑顔で対応”をモットーにモニター管理、患者様、ご家族への対応をしています。

病棟の目標
  • 転倒・転落のアクシデントを減少させる
  • 患者様のクレーム数を減少させる
  • 平均在院日数の減少を維持する
  • 年休取得を上昇させる

3階北病棟の様子

主な疾患 心筋梗塞、心不全、狭心症、大動脈解離、など
主な治療 薬物療法 心臓カテーテル治療
心臓カテーテル検査
心臓血管外科手術
平均在院日数 10.5日
平均患者数 42.7人
看護の特徴 外来の受け入れから入院・検査・治療・退院までの一連の過程における看護を担っている
心臓カテーテル検査・治療介助、重症心疾患患者の症状緩和ケア、心臓血管外科の周手術期看護

ページトップへ

4階フロア

4南病棟 52床 (心臓外科・外科病棟)
主な治療 薬物療法 心臓カテーテル治療
看護の特徴 心臓カテーテル検査・治療介助、重症心疾患患者の症状緩和ケア、心臓血管外科および一般外科の周手術期看護
4北病棟 53床 (脳神経外科・外科・乳腺外科・放射線治療科)
主な疾患 脳外科157人(26%)
脳梗塞・脳動脈狭窄症・硬膜下血腫
循環器97人(16%)
心筋梗塞・狭心症・心不全
口腔外科341名(57%)
口腔癌・下顎骨折他
主な治療・検査 MRU・CT・CAG、高気圧酸素、化学療法、放射線治療
手術:脳外61件(脊椎・腫瘍・血腫他)、口腔外科 564件
平均在院日数 14日
平均患者数 41名
平均年齢 65歳
看護の特徴 口腔外科疾患における化学療法と周手術期看護
脳外科疾患における周手術期看護

ページトップへ

5階フロア

5南病棟 52床 (整形外科・外傷整形科)
疾患・治療の特徴 整形:大腿部骨折・変形性膝関節症・靭帯損傷など
主な治療 手術 関節外科
平均在院日数 20.8日
平均患者数 43.5人
看護の特徴 周手術期看護、褥瘡処置 リハビリテーション看護
5北病棟 54床 (外科・外傷整形科)
主な疾患 急性虫垂炎、胆石、乳がん、大腸がん、胃がんなど
主な治療 手術 外科、乳腺
薬物療法、放射線療法
平均在院日数 13.3日
平均患者数 42.7名
看護の特徴 外科・外傷の周手術期看護
リハビリテーション、緩和ケア

ページトップへ

6階フロア

6南・北病棟 95床 (療養病棟)

スタッフ集合写真

6階病棟(療養病棟)のご紹介
病床数 95床(6N・6S)
疾患 脳梗塞、肺炎、骨折、慢性腎不全、廃用症候群
診療科 内科、外科、形成外科、心臓血管外科、循環器内科、泌尿器科
検査・治療 採血、レントゲン、CT、胃瘻(腸瘻)造設、CV挿入、IVH
看護 チームナーシング+一部機能別
夜勤体制 2交代制(3人体制)
病棟の特徴

仕事中の様子
  • 急性期治療中心の環境から長期療養環境に適応し、主体的に療養生活を構築できるように援助する。
  • 長期療養を必要とする慢性期患者様への看護を行う。
  • 退院後の継続療養として、外来通院診療、訪問診療、訪問看護、在宅看護など在宅療養の可能性、あるいは施設入所への援助を行う。かつ、社会資源の活用ができるように援助を行う。
  • 終末期患者様に対する看護を提供する。
  • 高齢者様に対してリハビリテーションを含む医療を提供するために、多職種と連携し、廃用症候群の発生リスクの低減、機能回復を目指したチームアプローチを用いた看護を行う。

病棟の目標(平成28年度)

仕事中の様子
  • 患者様の意思を尊重し、患者様とご家族の意思を取り入れた看護を実施する
  • きめ細やかな口腔・排泄ケアを行い、感染防止を図る
  • 住み慣れた自宅へ帰られるように、在宅支援として看護援助を行う
  • 働きやすい病棟環境を作る

6南病棟(49床) 6北病棟(46床)
疾患・治療の特徴 脳出血、脳梗塞、パーキンソン病、心不全、腎不全など 脳血管疾患、誤嚥性肺炎、廃用症候群
主な治療 対症療法 薬物療法 対症療法
平均患者数 43人
平均年齢 81歳
平均在院日数 229.7日
看護の特徴 日常生活の援助を中心とした看護・介護

ページトップへ

7階フロア

7南病棟 57床 (形成外科・口腔外科)
主な疾患 形成外科:褥瘡、熱傷、足壊疽、鼻骨骨折など
美容外科:眼瞼下垂、たるみとり、瘢痕など
口腔外科:上顎下顎洞炎、上下顎骨骨折口腔内腫瘍など
主な治療 手術、高気圧酸素療法、VAC療法
化学療法 放射線治療
平均在院日数 18.4日
平均患者数 43.8人
看護の特徴 周手術期を中心とした看護が中心であるが、形成外科患者が半数以上で創傷処置、褥瘡処置が多い
口腔外科は、腫瘍の患者もおり、周手術期看護以外に化学療法・放射線治療などによる有害事象への看護も求められる
7北病棟 55床 (内科・泌尿器科・口腔外科)
主な疾患 呼吸器:肺炎、肺腫瘍など
消化器:消化管出血、大腸ポリープなど
泌尿器:前立腺がん、膀胱がんなど
主な治療 手術、CAG ポリペクトミー
薬物療法
平均在院日数 15.3日
平均患者数 41.8名
平均年齢 70歳
看護の特徴 転倒防止を含めた高齢者の看護、検査に伴う準備および検査後の看護、周手術期看護

ページトップへ

看護部のご案内

教育・研修

募集要項

お問い合わせ

  • お問い合わせフォーム