看護部ブログ

研修風景

みなさん、こんにちはー😃
院内研修では、様々な研修が行われています✍
東京西徳洲会病院では、
感染管理や皮膚排泄ケア、集中治療の認定看護師や、
特定行為に係る研修を修了した診療看護師、医療安全管理者が講師となり、
集合研修が行われます。

また、新人看護師だけでなく、既卒入職の看護師の方にも、
部署配置後に困らないよう、電子カルテの使い方についても研修を行います。

写真は、電子カルテの研修の様子です🖥
電子カルテの病院が多くなっていますが、
病院毎に使用されている電子カルテはそれぞれ違います。
ギャップを解消するためにも、半日間じっくりとカルテだけに触れること、
また病院内で、誰にカルテのことを聞けば良いか、知ってもらうためにも
大切な研修となります。

さらに、当院では全職員がBLS研修を受講します。
誰でも実際の急変対応で慌ててしまいます。
それでいいんです。
それが普通なんです!
自分は何ができて、何をするべきなのか
まずそれらを知ることが、急変対応のコツです😀

新人の方はいろんなことが新しくて、業務としても不安が多いはず。
経験者の方も新しい環境にやっぱり不安だと思います。

ひとつ、ひとつ一緒に解決していきましょう☝

5月20日(日)看護の日イベントを行います!

 

毎年5月12日(フローレンス・ナイチンゲールのお誕生日)は「看護の日」となっています。
そして、5月6日(日曜日)から12日(土曜日)までが「看護週間」です。

21世紀の高齢社会をささえていくためには、看護の心、ケアの心助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。
こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう旧厚生省は1990年に近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日の
5月12日を「看護の日」に制定し、ナイチンゲールの日とも呼ばれています。

21世紀の高齢社会をささえていくためには、看護の心、ケアの心助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。
こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう旧厚生省は1990年に近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日の
5月12日を「看護の日」に制定し、ナイチンゲールの日とも呼ばれています。

当院ではメーンテーマを「思いやろう、あなたとわたし。いっぱいの笑顔で」とし、気軽に看護にふれていただける楽しいイベントを
5月20日(日曜日)10時~15時、本館1階北ブースにおいて行います。

是非ご参加ください。

東京西徳洲会病院 看護の日 イベント